ディアスポラ宣教協力の内外連携

・多文化共生社会における社会変革を担う次世代グローバル人材を支えるディアスポラ宣教協力の内外連携を展望する。

・ディアスポラ宣教協力は、海外居住者や国内への帰国者、国際家族や国際人、内外を移動する人々、国内に居住する難民や留学生など、多様なコミュニティーのネットワークによる包括的な宣教アプローチが益々求められている。アジア人ディアスポラの国内と海外における共存・協働による日本語宣教アプローチを展望する。

・ASEAN経済共同体から東アジア経済共同体の展開に向けて、東アジアから東南アジアや南アジアにおける事業体やNGO/NPO、教会や宣教団体の活動が並行して推進される中、社会奉仕と宣教協力を担うアジア人ディアスポラの興起を支える。

・未来2020/2030に向けて、環境・エネルギー・医療・教育などの分野、生物多様性・アジア防災・原子力防災などのプロジェクトを通した累積課題と近未来の課題に取り組むグローバル人材の興起を支える。


ビジネス宣教協力の次世代構想

・多文化共生社会における社会変革に取り組む次世代イノベーションプロジェクトを通した包括的なビジネス宣教協力を展望する。

・未来2020/2030に向け、ユビキタスからアンビエントへ進化する情報社会におけるインフラを活用したビジネス宣教協力を展望する。

・地球にやさしい再生可能エネルギーの拡大に向け、地域ネットワークや業際ネットワークを通したビジネス宣教協力を展望する。

・神の恵みに感動し、音楽と美術をコラボレーションさせた再創造プロジェクトによるビジネス宣教協力を展望する。